2008年04月30日

昭和のサルサ 報告

昭和のサルサ1
昭和のサルサ2

昨夜『昭和のサルサ』に遊びに来ていただいた皆さん、ありがとうございました。

歌謡曲フロアでがんばっていただいた、GRAFのオーナーの吉海さん、TOYOMMYさん、ありがとうございました。
そして彼らを紹介してくれたゆうき君、ありがとうございました。

気合の入った衣装で『渚のシンドバッド』『UFO』を踊って昭和の雰囲気を盛り上げてくれたみなちゃんとみきちゃん、ありがとうございました。

準備からDJにバーテンとフロアを駆けずり回ってくれた龍君、受付とフロアをがんばってくれたもえちゃんとAKIYO、ありがとう!

いきなりの依頼でも快くブガルーミニレッスンをやってくれたソニア、
ロマンティカサルサをねっとりとかけてくれたIZU君、ありがとう。

そして『昭和のサルサ』という意味不明のコンセプトに付き合って選曲を監修してくれた島津アフロ=ラテン娯楽研究所のMOMOTARO、ありがとう。


かなり実験的な今回のイベント、興行的に成功とはいえませんでしたが多くの反省点と発見という成果をあげることができました。
これをふまえて性懲りも無くまた来年の昭和の日の前日に『昭和のサルサ』をやりたいと思っています。
posted by AKIYO & TOME SALSA CLUB at 18:53| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。